技術情報🌟

 

技術情報

ICT油圧ショベル

 

 

3Dマシンコントロールシステム搭載の油圧ショベルを管内で初の導入

従来の建設機械作業は、オペレータの技量に頼るものでしたが、本製品は、日立建機社独自の「マシンコントロール機能」と「マシンガイダンス機能」を搭載しており、設計図から作成した3Dデータをもとに、半自動制御することで、施工目標面を掘り過ぎることなく効率的な掘削が可能となります。
これにより、検測作業の負担も軽減され、工期の大幅な短縮が見込めることから、2017年より導入致しました。

当社は、この技術と共に、建設現場の更なる安全性や生産性の向上に貢献します。

2021年北海道開発局i-con奨励賞を受賞しました。これは宗谷管内初の快挙であります。

こちらの機械は最新技術ARを装着しております。日本に一台しかない、錦産業のフルオーダー機械になります。↓

世間では人手不足に悩まされている中、当社ではICTやARを駆使して「従来では人と機械がセット」だった所を機械1台のみで、施工を実現している現場もあります。

UAV(ドローン)にて撮影した点群処理データになります。こちらのデータを上の↑重機にデータを入れる事によって現場の完成図面が重機オペレータが好きな時に、重機で見れるようにセットしております。(iPadの様な物が付いています)当社職員で全てデータ集めから、管理まで行えます。